Rss

システムエンジニア漫画への期待

システムエンジニアという仕事は、専門職となっていますから、「やりがいを感じている」という方もいれば、「仕事に自信を持っている」という方も多いと思います。
しかし、システムエンジニアの数が足りていない企業も多いため、「仕事は好きだけど、残業がもう少し少なくなれば」「やりがいはあるけれど、忙しすぎて体力が持たない」と感じている方も多いのではないでしょうか。

今では、どこの企業でもインターネットを活用していますよね。
独自のシステムを導入しているところも多いでしょう。そのため、ありがたいことにシステムエンジニアという存在は欠かせない存在となっています。しかし、現状ではシステムエンジニアの数は不足している状態。そのため、システムエンジニア一人に課せられる仕事量は、かなり大きなものとなっています。残業量も多いですし、私も稀にあるのですが、休日出勤も当たり前になっている方も多いでしょう。こういった環境では、どんなに好きな仕事でも体調を壊してしまう恐れがありますから、環境整備を行っていくことが必要。システムエンジニアの数が増えてくれば、こういった過酷な労働環境というのも改善されるのではないでしょうか。

そこで、システムエンジニアの漫画から「システムエンジニアを目指したい」という方が増えれば、この環境改善もしやすくなるでしょう。子供の頃から、システムエンジニアという仕事の存在を知っていれば、「将来は、システムエンジニアになりたい」と思う子供も増えてくるかもしれませんね。
このように、システムエンジニアは不足している状態のため、過酷な労働環境となっているところが増えてきています。システムエンジニアの漫画により、システムエンジニアを目指す方が増えてくると、こういった労働環境も改善されやすくなるのではないでしょうか。
システムエンジニアを目指すには、何も大人になってからでも遅くはありません。私なんて、漫画家からシステムエンジニアへ転身したのですから。とにかく、漫画を通じて技術者が増えてくれることは嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です